NO IMAGE

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!暗黒奇譚!蛇女の怪 50点(感想ネタバレ)

こんにちは、ぽんぽです。前作「戦慄怪奇ファイル!超コワすぎ コックリさん」が思った以上に良くて、、っていうかシリーズ通して1、2を争う良い出来で。自分の中で「コワすぎ」熱が再燃しかけていた所に本作降臨です。「うしうし、観よ観よ、楽しいに決まってるゾ、例えどんな酷い出来だったとしても無理矢理楽しんでやるわい」的な(笑)駄目なファンの典型と化した自分です、ハイwwwではでは本作の見所や制作秘話含め紹介していきたいと思います。

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!暗黒奇譚!蛇女の怪は人と妖のラブロマンスを丁寧に描いた変化球なコワすぎ」

予告編

作品情報

2015年製作 日本

ジャンル: ホラー

監督&脚本&撮影 白石晃士

出演者 大迫茂生、久保山智夏、白石晃士、水澤紳吾

あらすじ

謎の美女・川野つぐ巳に心を奪われたフリーターの櫻井。彼は何度も彼女の家を訪ねるが、母親に追い返され続けていた。つぐ巳が母親に虐待されていると感じ、櫻井は再び川野家に向かうが…(Amazonより抜粋)

ニートおじさんと可愛い蛇女の恋物語。人と妖のラブロマンスの行く末は血生臭いハッピーエンド

今回は普段の「コワすぎ」シリーズとは違う始まりとなります。冒頭から投稿者 櫻井の映像が延々と流れます。

この櫻井さん、まぁまぁのおじさんなんですけど、冒頭シーンでは爆竹で遊んでるんですよ。「ん?この人、、おじさんなのに爆竹で遊んでる?しかも一人で、、」と、ちょい櫻井さんに違和感を感じつつ鑑賞。そこで一人佇む蛇女つぐ巳と出会うんです。そっからは、何ともぎこちない、おじさんの恋物語が展開。櫻井さんは一生懸命、つぐ巳に話しかけるんですが、その必死さが、もう。明らかにつぐ巳に一目惚れしちゃった感が炸裂。しかも会話の流れで櫻井さんの背景が明らかになってくるんですが、、この櫻井さんっていう、おっちゃん、どニートだという事が判明。冒頭から櫻井さんに感じてた頼りなさや、オドオドした仕草から感じた違和感の正体はこれか、、と納得。そんでもって意外な事に「どニート」状態のおっちゃんに対して、蛇女つぐ巳は馬鹿にした態度を取る事も無く「私も一緒なんだ」と打ち明ける流れ。

この時のつぐ巳の表情が可愛いんですよ。どニートおじさん櫻井を馬鹿にするでも無く、少し面白そうに見つめるっていうか、見知らぬおじさんに親近感を感じてる表情が、まぁ可愛くて。

「あれ、この2人、良い雰囲気じゃね」状態。

ここの2人の心の距離が縮まっていく過程がすんごい丁寧に描かれてるので、めっちゃ感情移入も出来ます。この2人の恋のいく末を見届けてみたくなるんですよね。櫻井おじさんも結構な駄目人間っぽいんですけど、蛇女つぐ巳への思いは一途。危機的な状況下にいるつぐ巳をどうにか救おうとする様も、まぁ一途。

そんな超一途な男は最後の最後も一途です。人である櫻井と蛇女つぐ巳は結ばれぬ運命、、代償も伴う訳でして。

「蛇女であるつぐ巳が好きなら覚悟見せろや。おめぇの目ん玉くり抜いてみせんかい」

的な無理難題を突きつけられる、どニートおじさん。

でも、このおじさん、根性見せます。目ん玉イっちゃうんですよ、包丁でドスッと。んでもって、その甲斐あって蛇女つぐ巳を射止める訳でして。うーむ、何て血生臭いハッピーエンドじゃい。どニートおじさん櫻井、、男を見せてくれましたな。カオス展開とはいかなくても、かなり予想の斜め上をいく展開なんですが不思議とついていけます、この展開。

何故なら劇中での櫻井とつぐ巳のお互いを思う気持ちが丁寧に描かれている為、血生臭いハッピーエンドも不思議とホロリときてしまうんです。この恋物語、思ったよりも感情移入出来る良い出来となっております。

どニートおじさん櫻井に興味深々なつぐ巳が可愛い(出典https://youtu.be/M726yWCjRK0)

工藤Dがブン回す金属バットを喰らう相手は、、って、お前かい!の可笑しさ

本作でも安定の仲の良さ?チームワーク?っぷりを見せてくれます工藤D、AD市川、カメラマン田代ご一行(笑)蛇女との対決の向けて工藤D、相変わらずのテキトーな対抗策ブチかましてます。そこで登場するのが金属バット。前作でも大活躍でした金属バット。

ただの金属バットではございません、金属バットinコックリさんなる魔の金属バットでございます。

「お、出ました金属バット」とウキウキ。この金属バットのフルスイングを喰らう蛇女の姿を想像しながら、うひょひょと楽しく観てたら、、金属バットを喰らう奴が、、何と、どニートおじさん櫻井。「イヤイヤ、蛇女じゃなくて、あんたが喰らうんかい」と爆笑。蛇女の怪しげな力で自意識をコントロールされてしまった櫻井を工藤Dがしばき倒して正気に戻す荒療治が、、ほぼリンチ状態。今回の工藤Dはいつも以上に暴力的。

もう、半殺し一歩手前の恫喝で櫻井の恋心を焼き付ける工藤D、、いや、うん、ちょいやり過ぎです、、工藤D(笑)

言うなれば恋のキューピット、、ではないか(1人ノリツッコミ)

コックリさん宿る金属バットを喰らうのは意外なあの人(出典https://youtu.be/M726yWCjRK0)

製作秘話

  • 本作で蛇女を題材にする事になったのはメーカー側からの提案がきっかけ。
  • 投稿者櫻井役は当初、若者の設定だったが演じる水澤紳吾の年齢に合わせ、おじさんの設定にした。白石監督は俳優 水澤紳吾の事を「孤独さ、物悲しさを感じさせる雰囲気が良い」と語っている。
  • 本作でつぐ巳を演じた桑名里煐は「コワすぎ ファイル4 トイレの花子さん」にも出演している。
  • つぐ巳を演じる桑名に対して白石監督は「ツンデレな感じの演技で」と要望。桑名は今までの仕事の中でツンデレなキャラを演じる事がなかったので演じるのに苦労したとの事。
  • 本作は映画的な雰囲気をもった作品にする為に今までのシリーズと違う構成になっている。その一つが冒頭からいきなり40分近く投稿映像が流れるシーン。
  • 劇中、冒頭で投稿者櫻井が爆竹で遊んでいるシーンは実際に白石監督が小中学生の時に遊んでいた爆竹遊びを再現している。

総評

冒頭40分近くが投稿者映像で占められる構成は好き嫌いが別れそうな作りです。ただ、この40分近い映像の尺のお陰で櫻井とつぐ巳の距離が縮まっていく様子が丁寧に描かれている結果、2人に対する感情移入がしっかり出来るので、個人的にこの構成はアリかなと思います。ただ、本作が怖かったか、笑えたかと言いますとうーん、イマイチだったかなと。

ラブロマンスが根底にある為、コワすぎには珍しく物語性と情緒を感じる作りになってるので、コワスすぎらしい怖さと笑いが楽しめるかは微妙です。

前作、本作を観て感じたのは「超コワすぎ」シリーズは結構真面目な作りだって事ですね。人間の心理描写を細かく描いていて低予算のインディーズ映画を観てる感覚になるっていいますか。自分としては、この真面目な作りは本作でもうお腹いっぱいですな。続編はお馬鹿で怖い、本来のコワすぎに回帰して欲しい気がしております。

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!暗黒奇譚!蛇女の怪は面白いのか?オススメ度は?一言でいうと?

オススメ度   50点

個人的に超好き❗️

オススメ度とは?

0〜20点・・・サイテー激ヤバ作

30〜40点・・・何か個人的に嫌い

50〜60点・・・個人的に超好き

70〜80点・・・万人に勧める良作

90〜100点・・・最高な超傑作

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

ハリウッド大作から劇場未公開なマイナー作品まで日々映画鑑賞。ちょっとした映画の感想、好きな俳優の事を気ままに記事にしてます。

CTR IMG