大脱出3 60点(感想ネタバレ)

こんにちは、ぽんぽです。好きなシリーズなんだけど何故か自分の気付かない内に続編が作られてる映画。自分にとって「大脱出」シリーズはそんな感じの映画なのです。前作「大脱出2」が駄作スレスレを低空飛行していた為、観ようか迷っていたんですが、もしかしたら面白いかも。ってな感じで一縷の望みを持ちつつ鑑賞致しました。ではでは本作の見所や製作秘話含め紹介していきたいと思います。

「大脱出3は前作の失敗を改善した王道アクションへ回帰。スタローン、デイヴ、マックスそれぞれの格闘スタイルの違いを堪能すべし」

予告編

作品情報

2019年製作 アメリカ

ジャンル: アクション

監督&脚本 ジョン・ハーツフェルド

出演者 シルヴェスタ・スタローン、マックス・チャン、デイヴ・バウティスタ

あらすじ

世界的ハイテク企業ジャン社の社長令嬢ダヤが何者かに誘拐された。かつてダヤの身辺警護を務めていたローは、世界で唯一の脱獄のプロフェッショナルであるブレスリンを訪ね、ダヤが「悪魔砦」に囚われているとの情報を入手する。悪魔砦は、すべてが謎に包まれ、これまで出たものは誰もいないという秘密監獄だった。ブレスリンは、ローたちとともにダヤ救出に動くが、ブレスリンのパートナーであるアビゲイルが何者かによって悪魔砦に拉致されてしまう。(映画comより抜粋)

「大脱出」と言うよりも「大潜入」?前作よりも出演シーン多め。独房での殴り合いは「スタローン流の苛烈な説教タイム」

愛する人を誘拐した奴らが立て籠もるのは秘密監獄「悪魔砦」。

「よっしゃ、悪魔砦に忍び込んで奪い返すぞ」的なノリ、もはや「大脱出」って言うより「大潜入」ってな感じの本作。

もっと言うと大潜入って言うより、ちょっと凝った方法の殴り込み(笑)緻密さや計画性はあくまでも形だけで展開はとても大雑把。それでも前作「大脱出2」より遥かにマシな出来なんです、今回は。なんせ、スタローンがしっかり出演するって事が大きい。しっかり出演するって事は、しっかりスタローンアクションが観られるって訳でして。もうその時点で前作は上回ってます(笑)

悪魔砦の地下通路を黙々と進み、待ち受ける敵共をしっかり血祭りに上げてくれますスタローンさん。ナイフでメッタ刺し、鉄棒で串刺し、銃で瞬殺、、、とランボーばりの戦い見せてくれます。

「前作は殆ど出演しなくて悪かったな。お前らが見たいのはこう言う俺だろ」

とファンに向かって言わんばかりのしっかりとしたスタローンアクションが本作には用意されてるんです。

そんでもって極め付けはラスト。恋人アビゲイルを殺されブチギレ状態のブリスリン役シルヴェスタ・スタローン。独房の中で悪役クラークとサシの殴り合い魅せてくれます。「それがパンチか。情けない奴だ!」と殴りかかってくるクラークにお説教しながらの一撃、、燃えます。スタローンの「苛烈なお説教タイムin無双ラッシュ」から、、最後はトドメのナイフで喉裂き、、、ジ・エンド。

むふぅ〜これだよ、これだよ、これがスタローン映画だよ、、ってな感じの男臭いアクション、、。絵に書いた様な因果応報っぷりでくたばる悪役、アクション映画ファンのニーズにガッツリ応えてくれる決着のつき方、最高です。

マックス・チャンの持ち味を存分に発揮。華麗なカンフーアクション炸裂。だだしウィンクは余計?

今回、もしかしたら主演シルヴェスタ・スタローンより出番多いんじゃないかってな感じのマックス・チャン(笑)スーツ姿で華麗に敵をブチのめす傘殺法。そして終盤は「イップマン」シリーズを彷彿とさせる華麗でスピーディーなカンフーアクション。

本作ではマックス・チャンの持ち味を存分に活かした華麗オンパレードなアクション見せとくれます。

ただし、少しイマイチだったのはマックス・チャンが細身の美形だって事ですかね。悪魔砦にいる屈強な囚人達を相手に戦う場面ではガタイの面でちょい見劣りしてしまうのが残念。まぁ、マックス・チャンって実際に武術の達人なんで素で囚人達と戦っても、かなり強いんでしょうけどね(笑)

あ、それと、もう一つイマイチな所が。

マックスが演じた役のシェン・ローなんですけど何故か危機的状況でウィンクをするっていう謎のキャラ設定、、あれ、、訳分かんないっす(笑)

超威力の銃をぶっ放す男の中の男、デイヴ・バウティスタ。終盤のデカイ男vsデカイ男の重量級対決に燃えろ!

「ガーディアンギャラクシー」でお馴染のデイヴ・バウティスタさん。デイヴのアクションがまた観れる嬉しさで期待する中、本作を鑑賞、、、しかし、デイヴ演じるデローサが中々出てこないんです。こ、こ、これはもしや映画をヒットさせる為にちょいとしか出演しない、、名前だけ貸すみたいな、流れか、、と心配してたんですが中盤過ぎの悪魔砦へ潜入するチームにはしっかり参加してくれますデローサさん。

喰らったらほぼ消し炭状態になる程の超威力銃ぶっ放しながら、仲間の危機に駆けつけてくれます。

その頼もしさったら、そりゃもう、最高です。それにしても、デローサさんの使う銃、、何て名前の銃なんでしょう、すんごい威力(笑)マズルフラッシュと轟音発する銃撃戦、燃えます。

更に更に銃撃戦に後は嬉しい肉弾戦アクションを披露してくれるデローサ。お相手はデローサと同じ位ガタイのデカい敵。

デカイ男vsデカイ男の重量級の殴り合いをキレのあるアクションで見せとくれます。

萌え萌え、、イヤ、燃え燃えな展開、アクション好きとしては堪らんですたい、これ。

製作秘話

  • 劇中の終盤、デローサ役デイヴ・バウティスタが戦う大柄な男は撮影で実際にデイヴのスタントを担当するスタントマンが出演している。
  • ジョン監督はデイヴ・バウティスタの事を「彼はタフでパワフルだが繊細な面もあり特有のカッコよさがある。人気があるのも頷ける」と絶賛している。
  • ジョン監督とシルヴェスタ・スタローンは50年来の付き合い。スタローン曰く「ジョンは俺の人生に8割は知っている。俺の人生を支配してきた人間さ」と冗談交じりに語っている。
  • 前作「大脱出2」が中国でヒットした為、本作でも中国人俳優を起用する事となった。製作陣がスタローンにキャスティングを頼んだ所、マックス・チャンの名前が挙がり出演に至った。
  • スタローンはマックス・チャンの事を「彼は頭が良く洞察力を備えていて感覚が鋭い。何よりもマックスの強さは演技ではなく本当なんだ」と絶賛している。
  • 本作でカンフーを披露するマックス・チャン。マックス曰く「本作はカンフー映画ではないのでカンフーを使うシーンは、なるべく物語と調和する様に心掛けた」との事。
  • 本作で「悪魔砦」として撮影に使用した刑務所は映画「ショーンシャンクの空に」の撮影でも使用された刑務所

総評

本作は「大脱出」のタイトルから逸れまくった展開ではありますが駄作すれすれの出来だった前作「大脱出2」を大幅に上回る良い出来でした。

ストーリーは「どシンプル」、奇をてらった伏線も「特に無し」。兎に角、「3人のアクションを観てくれ」的な作りが功を奏しまくりです。

スタローン、デイヴ、マックスそれぞれの見せ場がバランス良くあって、しかもアクションのキレもバッチリ。っていうか今回はスタローンがちゃんと出演してるって事が大きいんです。主演のスタローンが締める所締めて、動けるパワータイプのデイヴと動けるスピードタイプのマックスが脇を固めるっていうチーム構成が上手くいっとりますな。ブレスリン、デローサ、シェン・ローの組み合わせ、最高です。楽しかった〜。この3人なら続編「大脱出4」とかあれば、むっちゃ観たいです。

大脱出だ3は面白いのか?オススメ度は?一言でいうと?

オススメ度   60点

個人的に超好き❗️

オススメ度とは?

0〜20点・・・サイテー激ヤバ作

30〜40点・・・何か個人的に嫌い

50〜60点・・・個人的に超好き

70〜80点・・・万人に勧める良作

90〜100点・・・最高な超傑作

最新情報をチェックしよう!
>〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

ハリウッド大作から劇場未公開なマイナー作品まで日々映画鑑賞。ちょっとした映画の感想、好きな俳優の事を気ままに記事にしてます。

CTR IMG