NO IMAGE

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 真説・四谷怪談 お岩の呪い 50点(感想ネタバレ)

こんにちは、ぽんぽです。「劇場版コワすぎ」が期待を裏切らずなファンムービーとして楽しめた事で気分上々といった日々を過ごしとりました。そんな時にん、あれ?コワすぎシリーズ、いつのまにか新作出てるじゃんと思って見てみたら序章の文字が。「しまった、序章観ずに劇場版の方から観ちゃったよ」状態。いや、もう、これは観るしかないでしょ。だって序章なんだから。観とかなきゃ、でしょ(笑)という事で本作の見所や制作秘話含め紹介していきたいと思います。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 真説・四谷怪談 お岩の呪いが描く浄霊師vsお岩。手に汗握る浄霊シーンはシリーズ屈指の王道ホラー展開」

予告編

作品情報

2013年製作 日本

ジャンル: ホラー

監督 白石晃士

出演者 大迫茂生、久保山智夏、白石晃士、宇賀神明広

あらすじ

「四谷怪談」を扱った映画のワンシーンに、顔が腫れた女性のような姿が映っていた。主演女優と連絡が取れなくなっていると聞き、工藤D、AD市川、田代ら取材班はその女優の家へ向かうが…。(Amazonより抜粋)

怪談話の超有名所「お岩さん」に迫るフェイクドキュメンタリーの面白さ

今回、工藤D、AD市川、カメラマン田代が立ち向かうのは「お岩さん」。心霊モノというか怪談話の超有名所が遂にコワすぎシリーズに参戦。もう、この時点でワクワク止まりませんわ(笑)物語導入部分も最高です。何故、「お岩さん」で有名な四谷怪談が日本全国に知れ渡る超有名怪談話へと発展したかの説明がなされるのですが、それがもう、楽しい楽しい。

「へぇ〜お岩さんの四谷怪談が知れ渡ったきっかけ歌舞伎だったのか」と感心してしまう様な、嘘か本当か分からない説明がバシバシされます。

そこは流石のコワすぎシリーズ。なんだかよく分からない説得力あるんですよね。

おまけに四谷怪談を大真面目解説する怪談師なる怪しいメガネ男が出てくるんですけど、もう爆笑ですわ。「か、怪談師って、、どういう職業じゃい」(笑)。それとお岩に呪われてしまった女優松井の自宅もすんごい、スンゴイです。これでもかという位のおどろおどろし不気味っぷりを要した彼女の自宅は外観からして激ヤバ過ぎてホント笑えます。おまけにお岩に呪われた女優松井のビジュアルが強烈過ぎて、まぁ笑えるんですよね。

「うわ〜この人ぜってぇヤバイじゃん」感、炸裂しとります(笑)

ぜってぇヤバイ家じゃん状態(出典https://youtu.be/iftWS8_nrl4)

浄霊師vsお岩の浄霊シーンの迫力。バトルの行き着く先は異次元世界?「コワすぎ」らしいカオス展開に爆笑

お岩さん取り憑かれ目が腫れてくるAD市川。市川を救う為に腕の立つ霊能者が登場するんです。浄霊師の道玄さんです、イェイ。除霊師とか霊媒師じゃない、、浄霊師、、初めて聞くわい、そんでもってどんな職業じゃい(笑)胡散臭い職業名ながら、この道玄さんって結構頼りになるんですよね。ぶっきらぼうでガテン系の風貌なんですけどお岩さんと対峙する様はしっかりと説得力ある頼もしい霊能者っぽい。更にはAD市川が、結構怖い。

お岩に取り憑かれ呻き声を上げながら「痛い痛い」と片目を抑える様子が、切羽詰まっててビビります。

そんな意外な迫力ある浄霊師シーンにワクワクしながら物語を追っていくと、はいはい、キマした、キマした。コワすぎシリーズお得意のカオス展開が。突如として出現した異次元世界にAD市川が飲み込まれるっちゅう、トンデモ展開降臨。流石の道元さんも狼狽える中、工藤Dの出番でっせ。AD市川を助けるべく、自分も異次元世界に突入いたします、ハイ。

序盤で撮影に乗り気じゃないAD市川に工藤Dが掛けた、、「なんかあったら俺が助けるからよ」の言葉を有言実行する工藤D。

「あ、あんた、普段はパワハラクソ野郎だけど、、お、男やないかいカッコいいぜ工藤D」ってな感じでテンション上がります、ここ。

AD市川と工藤Dの確かな絆、、ファンとしては嬉しい見せ場となっとります。そんでもって異次元世界での救出劇はお決まりの粗いCG満載のやっつけ劇に。ここもコワすぎらしいっちゃらしいですな(笑)

浄霊シーンが中々の迫力でっせ(出典https://youtu.be/iftWS8_nrl4)

制作秘話

  • 白石監督曰く「今回はシリーズ5作目なので王道エンターテイメントを意識して作った」との事
  • お岩が乗り移った市川と浄霊師の会話の掛け合いは映画「エクソシスト 」を参考にした。
  • AD市川にお岩が乗り移るシーンを撮るきっかけになったのはAD市川役の久保山が以前「コワすぎ ファイル2の様な霊に取り憑かれたる役をいつかやってみたい」と話していた事を白石監督が覚えていた為、本作で実現した。
  • 松井江見が住む呪いの家は実際は借家を使用。外の不気味な装飾は白石監督とスタッフ1人で飾り付けた。
  • 白石監督曰く、本作の様なフェイクドキュメンタリーを撮る上で大事な要素は手ブレ映像や人が急に消えたり現れたりする演出をする事で「荒っぽさ」を画面を通じて表現する事。
  • 本作の異次元世界でAD市川を救う工藤Dの場面は「エヴァンゲリオン新劇場版 破」で綾波レイを救う碇シンジの場面が元ネタ。

総評

劇場版コワすぎ」でも活躍してくれる浄霊師 道玄との出会いが描かれている前日譚となる作りが楽しかったです。お岩さんの怪談話が世の知れ渡っていく意外な過程も知れたし。

やっぱフェイクドキュメンタリーは都市伝説とかより本作の様な王道路線の心霊現象を題材にするのが1番楽しいなと思いましたね。

ただまぁ、シリーズ初見さんが楽しめるかはやっぱり微妙です。ゴリゴリのファン向け作品となってます。

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 真説・四谷怪談 お岩の呪いは面白いのか?オススメ度は?一言でいうと?

オススメ度   50点

個人的に超好き❗️

オススメ度とは?

0〜20点・・・サイテー激ヤバ作

30〜40点・・・何か個人的に嫌い

50〜60点・・・個人的に超好き

70〜80点・・・万人に勧める良作

90〜100点・・・最高な超傑作

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

〜ヌルい映画レビューにお付き合い下さい〜

ハリウッド大作から劇場未公開なマイナー作品まで日々映画鑑賞。ちょっとした映画の感想、好きな俳優の事を気ままに記事にしてます。

CTR IMG